HOME庭の施工例 > No.31

エクステリア工事施工例-Exterior No.31


前庭のリフォームをご相談いただきました。施主様のY様のご要望は…
道路の粉塵が多い場所なので、なるべく前庭に埃がこないようしたい。
犬をあたらしく飼ったので自由に気兼ねなく外で遊ばせたい。
以上の2点から前庭をブロック塀で囲って、埃も入りにくくし、ワンちゃんも自由に遊ばせることができるプランとなりました。


Before01
After01
Before02
After02
Before03
After03
Before04
After04

ブロック資材はエスビック製『デュアル』。色は外壁に合わせてセピアブラウンをチョイス。
デュアルは並べ方で市松模様にできるブロック材で、オシャレで品格のある空間になります。
出入り口には高さ160㎝の両開き門扉LIXIL製『ライシス門扉1型』を設置。
正面窓への視線を遮る役目とワンちゃんが飛び出していかない役目があります。
ブロック塀の上部には目隠しとして高さ60㎝のフェンスを設置してます。
このフェンスは門扉と同系統の『ライシスフェンス1型』
ブロックの『デュアル』、『ライシス門扉1型』、『ライシスフェンス1型』の前庭を囲う3点が、住宅とマッチして、落ち着いているけど軽妙で品のある雰囲気を演出しています。


門袖右側にはチタン製のシックな表札と、住宅側から郵便物を取り出せるポストを設置しています。
門扉を開けると乱形インターロッキング『ティーナ』のエントランスと人工芝の空間が広がります。この人工芝部分がワンちゃんの遊ぶ定位置です。前庭内部は歩道の傾斜に合わせず、ほぼ平らな仕上がりとなっています。
完成後、Y様も前庭がとても落ち着ける空間になった!と喜んでいただけました。
門扉の取手ラッチ部分が固くなるというトラブルがあり、対処までご迷惑をおかけしましたが、打ち合わせ中も作業中も温かく見守ってくださり、Y様には本当に感謝しています。今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


ブロック塀の基礎コンクリートを打設しています。

基礎コン養生完了後、ブロックを積み上げ開始です。

前庭内部に取り掛かります。レンガを小端立てで設置中です。

内部作業が進んだので、ブロック積みの再開です。

ブロック積み完了。フェンスの柱を取り付けました。

ライシスフェンス1型の設置完了です。視線を柔らかく遮ります。