HOME庭の施工例 > No.30

エクステリア工事施工例-Exterior No.30


砕石だけのさみしいお庭をスッキリ明るくしたいと依頼されました。
「素敵なアプローチを作りたい」 「駐車スペースはアスファルト等で固めないで化粧砕石にしたい」
「敷地の右手奥に家庭菜園を作りたい。その菜園まで飛び石で道をつくりたい」
「なるべく雑草が生えないようにしたい」がS様のご要望でした。


Before01
After01
Before02
After02
Before03
After03
Before04
After04

アプローチを何で作ろうか…と悩みました。
アプローチの縁をアスファルト等で固めないのでインターロッキングやレンガを使った場合、車両の乗り入れを繰り返すと縁がガタガタになってくる恐れがあります。
それを解消するため、一番頑丈なコンクリート一枚モノのアプローチを選択しました。さらにただの土間コンクリートではなくS様邸に合うようにステンシルコンクリート。
アプローチの形を末広がりにして、遠近法の視覚効果によって前庭がさらに広く見えるように設計しました。
完成したときは思った以上に広く見えて、効果抜群です。
右手奥の家庭菜園は仕切りをケンパス枕木で作り、エントランス左手の花壇と統一感を出しています。菜園までの飛び石はジャイプルサンドの300角と600角を使用しています。
全体的に敷いている化粧砕石の下にはもちろん防草シートを使用し、雑草を防ぎます。
この化粧砕石、ちょっと青味が強くキレイですよね。ちょっと遠いところに足を運びセレクトしました。


玄関前のエントランスはレンガ敷きにして左手の花壇と繋げています。
施主様ご一家の記念樹であるモミジを取り巻くように、枕木とレンガの花台で花壇を仕切りました。
花壇後ろの出窓の下部分は暗くなりがちなので、人工芝のグリーンでスッキリ爽やかに。
施主様にはいろいろとお気遣いいただき、本当に良くしていただきました。
心優しい奥様にスタッフ一同、感謝しています。花壇の植栽や、家庭菜園をゆっくりお楽しみくださいね。
これからもよろしくお願いいたします。


レンガ花台を作っています。この花台、ワンポイントでとても重要な役割です。

コンクリートの型枠を作っています。手前の人は笑顔でカメラ目線です。

コンクリートを打設し、パターンの型紙を置いて、色粉を振りまき終わった状態です。

パターンの型紙を取ると、このように模様があらわになります。

とてもキレイに仕上がりました。一枚モノのコンクリートなので頑丈です。

こちらの角度からも確認。いい仕上がりでオーケーです。