HOME庭の施工例 > No.9

エクステリア工事施工例-Exterior No.9


ご相談くださった当初は旦那様と奥様で意見・要望が分かれていました。旦那様は「家の前面を少し豪華にしたい」、奥様は「右側の道路境界面をブロック塀で仕切り前面はアスファルト舗装だけでよい」というご意見。
数回の打合せを重ねて、前面に大胆な曲線アプローチとフォーカルポイントとなる花壇を兼ねたブロック門柱を造ることに決定。奥様が気にしていた右側の道路境界はコスト面を考慮してウッドフェンス(H=1000㎜)で仕切るということで、旦那様も奥様もご納得のプランとなりました。


Before01
After01
Before02
After02
Before03
After03


門柱となるブロック材は共和企興『シャモティ』。優しい風合いが人気です。ただ、それだけでは圧迫感があるので『ブリックスクリーン』で窓をつけてアクセントにします。門柱の表裏に花壇スペースを設けています。表側にシンボルツリーを植えるとさらに華やかになりますね。
アプローチには人気の乱形材『ティーナ』を使用し、大胆な曲線を用いてブロック門柱とデザイン的に一体感を持たせています。カラーはイエローにベージュを少し混ぜるのがオシャレ。
玄関前の半円ステップと自転車置き場のインターロッキング材は「ロシェ・ナチュラル」
右側の道路境界面に設置したウッドフェンス(H=1000㎜)。控え柱がしっかりしているので頑丈です。家の風合いにもマッチしています。


フォーカルポイントのブロック門柱。ブロック材は優しい風合いのシャモティ。

笠木のブロックを微調整して完成。門柱の笠木はSBICのフリーキャップ。

白い布は透水シート。インターロッキング下の隠れた必須アイテムです。