小樽市S様邸-外構・エクステリア工事No.19

施工内容紹介
【施工内容】
・敷地内全面エクステリア工事
・歩道縁石切り下げ
・アプローチ作成
・2台用カーポート
・シャッタータイプ物置

新築されたばかりのS様邸の敷地全体のエクステリアと車の出し入れのために歩道縁石の切り下げを依頼されました。
敷地が広いS様邸。前面は全面駐車できるようにすることと、冬の除雪がしやすいようにすること。ご自身で小さなショベルを運転して除雪をするということなので作業がしやすいようにフラットな仕上がりとしました。フラットといっても黒いアスファルト舗装だけではせっかくの家が引き立たないので玄関前のアプローチを目を惹くデザインにするよう心がけました。

Webからのお問い合わせ

お庭のことお気軽にご相談ください

Exterior No.19-小樽市S様邸

BEFORE-AFTER

中央のマークを左右にスライドしてください。
Before Before
After After
Before Before
After After
Before Before
After After
S様邸がクリーム色と黒、そして玄関ドアの茶色の四角形から構成されるレイアウトとなっているので、アプローチも四角形から構成される幾何学的レイアウトで設計しました。
仕切りの白いピンコロ石、ロシェ200角のグレー、レンガの色とりどりの茶、そしてステンシルコンクリートのクリームカラーを配置し、少しだけ人工芝のグリーンも取り入れています。
色と形に家との繋がりを持たせ反復させることでデザイン的な面白みと一体感が演出されます。
2台用カーポートの位置もリビングからの眺めや光の関係・冬の除雪など諸々を検討して打ち合わせを重ねて決定しました。家の後方には乗用車のタイヤを十分に収納できるシャッタータイプの物置ヨドコウ LOCS-2525HFをセレクト。
歩道の縁石切り下げはもちろん道路管理者に申請・許可が必要です。S様邸の前には歩道の街路樹を植える植樹桝があり、スムーズな車の出し入れのためにはその植樹桝の移設も必要だったので併せて申請し施工させていただきました。