小樽市S様邸-外構・エクステリア工事No.18

施工内容紹介
【施工内容】
・インターロッキング敷設
・防草シート敷設
・家庭菜園
・お子様用砂場
・シャッタータイプ物置

S様邸は建築時に駐車スペースのみアスファルト舗装をしていました。
その他のスペースは追々手をつけていこうという計画を立てていたそうです。
S様邸は逆旗竿地というのか奥に細長い土地があって少し珍しい形状でしたが、初回の打合せからご主人の明確な庭のイメージを伝えていただけたのでプランを立てるのに苦労はしませんでした。

Webからのお問い合わせ

お庭のことお気軽にご相談ください

Exterior No.18-小樽市S様邸

BEFORE-AFTER

中央のマークを左右にスライドしてください。
Before Before
After After
Before Before
After After
・雑草がすごいのでなるべく生えてこないようにしてほしい
・インターロッキングを敷設して歩きやすく使いやすい庭にしたい
・花や低木を植えるのと家庭菜園用に花壇を作りたい
・小さなお子様用に砂場を作りたい
・除雪機とバイクを収納できる大きめの物置がほしい
以上がメインのご要望です。
その他には向かって左側が少し低くなっているので、庭を使いやすくするには土留めが必要でした。
インターロッキングには明るめの暖色系の配色で『コルゲート200』に決定。
直線配置が多いと堅いイメージになるので、物置に向かうコンクリート平板との境を流線型にして柔らかさを演出しています。インターロッキング下部にも3分砂利下にも防草シートが張ってあるので、下からの雑草対策はOKです。
緑色のネットをしているのはお子様用の砂場です。ご主人がネコ除けに自作でネットを張っていました。器用です。
ケンパス枕木で半円形に仕切ってお子様が遊ぶにはちょうど良いサイズの砂場だと思います。将来的に砂場として使わなくなった時は花壇として使えるようにしていますよ。
物置はヨドコウのバイク収納シャッター物置『エルモトピット』。床タイプは除雪機やバイクを出し入れする時はスロープを取り付けます。
左側の土留めは、L型ブロックとケンパス枕木のコンビネーションで仕上げました。