小樽市H様邸 お庭のリフォーム-外構・エクステリア工事No.2

施工内容紹介
【施工内容】
家のベランダから通じる庭のリフォームをご依頼いただきました。
無造作に樹々を植栽されているので、庭の中に足を踏み入れることができません。
夏になると雑草が生い茂って、庭がジャングルのようになるとのことでした。
既存のコンクリートを部分的に取り壊し、もう少し庭の面積を広げて、庭の中にベランダへ通じるようにカーブ状にアプローチを作りました。
通路に支障になるツバキやその他の植栽は移植です。手前を背の低い植栽でまとめ、奥にある既存のシダレモミジや梅の樹を引き立たせます。これだけでは通路の左側と右側のバランスが悪いので、木柱を通路に沿って設置して、左右の高さとボリュームのバランスを取ります。
既存の土は、雑草が生い茂っているので全体的にすきとって、新しい黒土と入替え、チップ材を敷詰めました。チップ材は防草効果があり、視覚的にも庭に落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

Webからのお問い合わせ

お庭のことお気軽にご相談ください

Exterior No.2-小樽市H様邸

BEFORE-AFTER

中央のマークを左右にスライドしてください。
Before Before
After After
Before Before
After After