年末年始のお知らせ2018

2018年も本当にたくさんの外構・エクステリア工事のお問い合わせをいただきました。
お見積りが遅くなってしまっても暖かく待ってくださり、大切なお家の外構工事を任せていただいたすべてのお客様に感謝申し上げます。

さて、年末年始のお休みにつきましては
2018年12月29日から2019年1月6日までの期間をお休みとさせていただきます。

また、外構工事のお問い合わせに関しましては、メールでのお問い合わせは変わらずに受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。

今年も事故なく、安全に、楽しく、皆さまの大切な工事に関わることができました。
従業員一同、感謝いたします。
皆さま、よいお年をお迎えください。

カテゴリー: お仕事全般の話, 雑記 | コメントする

2018年エクステリア工事終了と河川工事


お客様から送っていただいた紅葉したイロハモミジの写真です。
今年、弊社で植樹させていただきました。
ご丁寧に「キレイに紅葉したよ」って教えていただいて嬉しかったです。

おかげさまで2018年度のエクステリア工事はすべて終了させていただきました。
私たちが暮らす寒冷地での外構工事は品質面から考えると、やはり雪や凍結の影響を受ける12月の施工はなるべく避けているところです。
本当にありがたいことに来春に向けての外構工事のお問い合わせを多くいただいており、以前よりも外構・エクステリア工事の重要性が一般の方にも広く認知されてきていることを実感しております。
身を引き締め、皆さまの大切なお庭をよりおしゃれに暮らしやすく、「安心」と「こだわり」のエクステリア工事をご提供させていただきたいと思っております。

 

話は変わり、最近は小樽市オタモイで川の改良工事をしています。
小樽市役所発注の工事です。

川と言っても小さな川ですがコンクリート製の水路が老朽化して土圧に耐え切れず、ところどころ割れていたりしていました。

このコンクリート製の水路を取壊し撤去し、新たに水路を作る工事です。

新たな水路はNPプレートという鋼製の水路です。


水路と言っても、コンクリート製から鋼製まで様々ありますね。
今回の工事は住宅の裏手に面する川で、施工方法が限定される中で、どのような水路資材を使えばより経済的で工事価格のコストダウンが見込まれるかを発注者が検討して、鋼製水路が選択されました。


株式会社 北洋 NPプレート柵渠工カタログより引用

この寒い時期になぜ川の工事?・・・と思われるかもしれませんが
河川工事は川の水が少なくなるこの時期が最適なんです。
ずっと外にいてもなんだかんだ常に動いて夢中になっているのでそれほど寒くはないし、時間が流れるのはあっという間です。

お客様に「安心」と「こだわり」のエクステリア工事をご提供するには、このような様々な工事実績を積んで常に技術を磨いていく努力が必要だと思います。
こんな公共工事もしておりますよ~というPRでした。

カテゴリー: お仕事全般の話 | タグ: , , | コメントする

追い込み時期

工事の追い込み時期です。
公共工事もエクステリア工事も。
それなのに今週はずっと雨ばかり、、、
従業員一同、雨にも負けずに現場をがんばってくれています。


仕事開始、それぞれの現場で朝礼・危険予知活動から。



小樽市内100箇所以上の古くなった下水マンホールの部品を交換し改築しています。
車両規制等で皆様にご迷惑をおかけしていますが、片側交互通行、スピードダウン徐行をなにとぞよろしくお願いいたします。


こちらは小樽市桜町で道路改良工事をさせていただいております。
道幅が狭く急な坂道で、もともとは砂利道でしたが側溝が新設されアスファルトとなりますので、沿線の皆様にとって良い道路となるように施工しています。
こちらの工事もご迷惑をおかけしていますがご協力お願いいたします。

 

ガラリと変わりまして、こちらはカーポート設置工事です。


数年前にRC土留め擁壁の工事をさせていただいたお客様。
今回はスチール製(鉄骨製)カーポートを設置のご依頼をいただきました。
中川製作所の3台用カーポートで形状が敷地に合わせて特別仕様となっています。
サイドと背面にパネルを設置して、雪の吹き溜まりを防ぐとともにかすみ調なのでプライバシーの確保にもなっています。

 

こちらはエクステリア工事です。

もともとは天然芝を張っていたとのことですが、雑草だらけになってしまったそうです。
全面的に防草シートを施し、バーベキュースペース用のインターロッキングテラス、人工芝張り、お隣との境に人工木のアクセントポールを設置。
雨で目地などの最終的な仕上げができず、後日の晴れた日にさせていただきます。


人工木のアクセントポールはF&Fのスレンダーポール 140×70タイプを使用。
背の高い目隠しフェンスを設置するほどではなく、さりげないアクセントとして境界ラインに設置する場合に良いと思われます。
人工木なので腐食劣化の心配はありません。

もうすぐやってくる雪の季節に向けて、もうひと踏ん張り、工事をがんばります。

カテゴリー: お仕事全般の話, 外構工事のお話 | タグ: , , , | コメントする