リビングと庭をひとつに-小樽ウッドデッキ

st2017-1

小樽市内でウッドデッキの設置をさせていただきました。

st2017-4

住宅外壁に天然木を使用されているので、施主様のこだわりもありウッドデッキも天然木を使用しています。

st2017-2

やはり天然木の木目は美しいですね。

st2017-5

リビングからの眺めです。小樽の海が眼前に広がり、動く波を見ていると何時間でも見ていられる絶景です。こんな景色を毎日見られるT様がうらやましい、、、リビングとウッドデッキが一体になり、確実にリビングがひろくなったように見えます。
ウッドデッキはリビングと庭を一つにつなげる役割を果たします。

天然木のウッドデッキは木目が美しくてカッコいいのですが、やはり自然の木材なので腐食・劣化はしてきます。特に床面は常に雨風の影響を受けますので。年に1度は全体的に防腐剤を塗装するなどのメンテナンスが必要です。なので自然の風合いにこだわりがあり、メンテナンスを楽しめる方には天然木をお勧めします。このT様邸のようなナチュラル系の住宅にはやはり天然木デッキがマッチしていると思います。

それに対して、メンテナンスが大幅に軽減され、腐食・劣化にも強いのが人工木デッキです。

wd01wd02wd04wd03

こちらが人工木デッキです。
人工木デッキにはいろいろな種類がありますが写真はLIXILの樹ら楽ステージです。
材料は樹脂と木粉を使用していて人工という冷たい印象はなく、温もりのある木の質感に近いですし、腐食に強いというのが特長です。やはり、この人工木デッキはシンプルモダン住宅がマッチします。

天然木ウッドデッキも人工木デッキも一長一短ありますが、その家のたたずまいにマッチしているかが一番重要ですよね。

 

カテゴリー: 外構工事のお話 | タグ: , , , , , | コメントする

雪の多い日もラクラク出入り-小樽カーポート設置

砂利のままだった前庭の整備と2台用カーポート設置のご依頼をいただきました。

ba2017-01
ba2017-03
こちらは着工前。
住宅右手には施主様がDIYで大事に造られた心地よいお庭があります。
整備する前庭の明確なイメージは施主様がすでに考えられていて、私はそのイメージに合うように具体化すればよかったので、プラン計画はスムーズに進みました。

 

ba2017-09
ba2017-08
完成写真です。
2台用カーポートは中川製作所のNS2000。
スチール製で新雪2.0m対応なのに4本柱なのが特徴で、車のドアの開閉の妨げにならず乗り降りがスムーズです。
カーポート横にもコンクリート平板と天然芝の組み合わせで、お客様用のカースペースを設けています。

ba2017-07 ba2017-06 ba2017-05
素敵な木製物置への小道には、コンクリート平板と枕木(コンクリート製)で飛び石風に設置してナチュラルなイメージに。

 

ba2017-02
ba2017-04
上の写真は住宅裏側の着工前と完成です。
法面部分の土留めをしてスッキリ。もともと途中までAB石垣が設置されていたのですが今回の工事で全面的に設置され、一体感が演出されました。

住宅とお庭をとても大事にされている施主様。雪が多い場所なので、ずっと検討していた2台用カーポートの設置と庭の整備を決断されました。
今回の工事の完成をとても喜んでいただいて、施工させていただいた弊社としても大変うれしく思っています。
これからも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 外構工事のお話 | タグ: , , | コメントする

駐車スペースを広くしたい-小樽土留め工事

駐車スペースを広くするため、前庭の土留め工事のご依頼をいただきました。

yk2017-1こちらは着工前。
道路面よりも住宅入り口が高く、左側に駐車スペースが1台分だけありましたが非常に狭い空間でした。
お客様のご要望は、車が2台停められるように住宅手前の法面を削り、左側もできる限り駐車スペースを広げたいとのことでした。

yk2017-3yk2017-2住宅前面と左側のL字型にコンクリート擁壁で土留めを設けました。
左側には乗用車、前面には軽自動車を置ける駐車スペースの完成です。

 

 

カテゴリー: 外構工事のお話 | タグ: , , , , | コメントする